葬儀の費用っていくらかかるの?

ご葬儀の疑問や費用でお悩みの方

ご相談はこちらまで

 

 

おそらく心配事がある方の
殆どがこのテーマかと思われ
ます。

しかし葬儀費用というものは
会社の規模や方針によって
本当にピンキリなのです!

今回は皆様の町にもある
大手互助会を例にお話し
します。

月々何千円の積み立ては
いわゆる冠婚葬祭互助会だと思われます。

大体が訪問の加入営業マン
がシステムを説明し加入する
方が多いです。

加入する理由として

会員になれば
総額○○万円で葬儀が出来る!

『本当に!?』

って思えるような金額です。。

しかしこの総額費用に含まれる
物は各互助会によって差はある
でしょうが

葬儀に必要な備品関係

のみの場合が殆どです

一般の方には『それでええんと違うの!?』

って感覚でしょうね

しかし葬儀には

接待費用(食事・粗供養品)
の人数文

祭壇に飾る生花
(含まれるのは白木小型祭壇)

人件費
(司会者・接待係を葬儀規模に合わせて)

宗教者のお礼
(宗派によって金額は様々)

このような物は見積もりに
全てプラスになってくる物
です。

祭壇も立派な互助会様の
式場に見合う物となれば

ランクアップは自費で追加です

結果、葬儀代金は詳しくは書けませんが
加入時に『この金額で大丈夫!!』

との金額から普通に5倍くらい
になりますね。。

私がいた互助会系の葬儀社でも
実際に葬儀依頼をして見積もりの
時点でトラブルになる事が多々
ありました。

ただし、お客様が希望された内容で
見積もりし、最終的な金額が出ます
ので

一概に高額な葬儀費用を見積もる
互助会が悪徳か!?

って、そんな事はないんです・・

確かに大手さんは一つ一つの
物品が高めに設定されていますが

トラブルの原因はまず
互助会に入会させる手法です

互助会勧誘員と葬儀担当業務
メンバーは、わかりやすく例える
と全く連携の無い場所で仕事
をしています。

要はこの連携不足と
勧誘員の説明不足がトラブルの原因なのです。

葬儀を出した経験があるお家なら
まだしも、初めての経験では見抜く
事は不可能なのです(-_-メ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です