【枚方市家族葬】創価学会友人葬事例

ご葬儀の疑問や費用でお悩みの方

ご相談はこちらま

こちらの喪家様とは昨年の夏ころに事前相談をさせて頂いておりました。

ご主人の闘病が長く、葬儀の準備がしたいから見積もりをして欲しいとご希望されていたのと、葬儀屋さんに直接会って色々と相談したい旨を聞き、猛暑の夏に枚方市内のとある喫茶店でご依頼主様と、そのご友人お二人で事前相談をさせて頂く中で、ご主人と奥様の宗教が違う事情や、葬儀の規模などお話させて頂いて、それ以来の再会でした。

早朝4時頃に電話が鳴り、こちらのお家のご婦人からでした。

今、主人の入院している病院から急変したと連絡があったんだけど、タクシーも連絡が付かないので、どうしたら良いか・・と大変困惑され、また動転されておられました。

タクシーは営業を終わって帰って行く時間帯ですので、手配するのは難しいでしょう。遠方に住む娘様も連絡が取れない。

かといって高齢の奥様が枚方市から入院中の病院まで行ける手段も無い為、よろしかったらお送りしましょうか?とお伝えして自宅から病院までお送りしました。

大変感謝されたのですが、私も仕事の制服を着ているので、ちょっと病室までは同行を遠慮させて頂き、一旦帰ることに。

駐車場に車を停めたと同時位に奥様から再度連絡が。

残念ながらご逝去の報でした。すぐに寝台車でお迎えに参り、高層マンションに住まわれていて安置は難しい為、安置所に一旦ご安置をする事に。

長く自宅に帰れなかった故人様を自宅マンション下まで送らせて頂き、安置室へ出発させて頂きました。

その後は遠方の娘様とご主人が駆けつけられ、一緒に打ち合わせとなりましたが、奥様が事前に見積もりや諸々の相談をして頂いたお陰で、打ち合わせは日程の相談と、司式者様の手配、料理の手配位で一切スムーズな運びです。

事前相談の大切さは我々プロからの立場でも、とても重要だと感じる時間です。

お葬式は故人様を送る大切な儀式であると同時に、遺族様が現実を受け入れる

大事な時間でもあります。

失敗や後悔は現実に起こるのが、お葬式なのです。相談は疑問に思う事や、不安に感じる事を全てお話なさるのが大切です。

いつでも弊社の事前相談をご活用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です